« KISS×KISS collections VOL.1『オトナのキス』を聞く | トップページ | オブジェクトの基本概念 »

2008年10月26日 (日)

映画を観る~さらば電王 ファイナル・カウントダウン

まさかまた劇場版をやるとは思ってもみなかったです。


内容は、特撮の王道「努力・友情・勝利」といった流れで
その流れが嫌いではないので面白かったです。
それよりも、「東映はアクションができる!」というのを
見せつけるようなアクションシーンの濃さに満足しました。

現代の日本で観られたのは非常に嬉しい。


それに、ジークが寝るときに高い枕を使っていたり
細かいところでもキャラクターの性格が出ているし、
よく笑いました。

しかし、わざわざ劇場版をやる必要があったのだろうか?
最初のイマジンアニメにその答えがなんとなくある気が
するのは勘ぐりすぎでしょうか。

« KISS×KISS collections VOL.1『オトナのキス』を聞く | トップページ | オブジェクトの基本概念 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526182/54055885

この記事へのトラックバック一覧です: 映画を観る~さらば電王 ファイナル・カウントダウン:

« KISS×KISS collections VOL.1『オトナのキス』を聞く | トップページ | オブジェクトの基本概念 »