« 次回のコミティアに向けて企画中 | トップページ | コミティア漫研コミュに参加して良かった・いまいちな所 »

2012年2月15日 (水)

コミティア見本誌読書会でサークル参加の人が読書するメリット

初めてコミティアの見本誌読書会に参加してきました。


見本誌とは、コミティアで初めて頒布する作品を見本誌として1部コミティアに提出する仕組みがあります。
それで提出された作品を読むことができるのが「読書会」です。


なので、ざっと見て千冊以上の本を(数え切れません!!)1日500円で読むことができます。
漫画をたくさん読みたいなら漫画喫茶よりお得ですよ。
気がつくとあっという間に、5時間ぐらい読んでいました。


さすがに、コミティアの即売会で1スペースごとに立ち読みできるかというとそこまで時間がないです。
時間がないので、なんとなく表紙や雰囲気で手にすらとらない本もあります。
ほとんど直感で立ち読みして買う買わないを決めていたのに、
読書会だと片っ端から読むことができます。


意外な作品が面白かったりするので、サークル名と作品タイトル、あればそのサークルのサイト等をメモ。
次回参加していたら買いにいこうっと。


■サークル参加者が、読書会に参加するメリット

主に、面白い漫画を発見しに行くものかと思っていました。
が、意外とサークル参加する人にとってメリットが他にもあると感じました。


・サークル参加する場合は、あまりスペースを空けるわけにいかないので、なにも気にせず集中して読めるのが良い。
(しこたま読んでやりました!)

・同ジャンルサークルがどんな作品を描いているか研究できる。
(片っ端から読むと、勉強になる。)

・コミティアに参加すると、大量の印刷屋のちらしが自スペースに配布されますが、新しく使ってみたい気になる印刷屋の印刷クオリティをチェックできる。
(奥付の印刷屋のところをチェックしてしまうのは、サークル参加者のサガだろうなあ。)

・かわった装丁の本をじっくり見られる。
(中の作品よりも装丁をチェックしまくるのを、筆者の目の前でやりにくいのは自分だけでしょうか。
購入しない場合、装丁について質問するのも気が引けるし。)


読書会は、じっくり見本誌を読んで面白い作品を発見する場所だと思っていましたが、自分にとってそれ意外のメリットがあったのが発見でした。


気になる人は、是非行ってみてください!


« 次回のコミティアに向けて企画中 | トップページ | コミティア漫研コミュに参加して良かった・いまいちな所 »

コミティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526182/53970718

この記事へのトラックバック一覧です: コミティア見本誌読書会でサークル参加の人が読書するメリット:

« 次回のコミティアに向けて企画中 | トップページ | コミティア漫研コミュに参加して良かった・いまいちな所 »